カフェ開業や業務改善に関するコンサツティングはクルックスクルーズ

Company's Earthship

日本復興への貢献

日本復興への貢献

いわき浦安こどもプロジェクト

プロジェクト 東日本大震災から様々な方面から支援が始まっています。
一方で被災地から安全な場所へ避難される方が多くいる中で、その地域で風評被害が起こりはじめました。子供たちの成長するこれからの時間の中で必要なものは風評被害を起こさないための「正しい情報」です。そんな現場の生の声とそれを支えるために立ち上げたプロジェクト。それが「いわき浦安こどもプロジェクト」です。
想うこと 空高い宇宙から日本列島を眺めると、日本は地図帳で見るような都道府県の境などありません。ひとつの同じ小さな島国です。その小さな島国で今、東日本大震災による原発被害に遭った被災地から避難している方々が大勢います。その方々を温かく迎えること、その方々の故郷を想う心を忘れないための環境づくりとその支援を行っております。
環境保護の取り組み

環境保護の取り組み

rainforest-alliance

認証ラベル 認証ラベルは、森林、河川、大地、野生動物を保護し、農家とその家族が社会的に尊重され、正当な収入を得、医療と教育を受けられることを保証します。
レインフォレスト・アライアンス認証制度は、農家のたゆまない改善を指導・奨励し、コーヒーの品質改善を持続可能な農園管理にむすびつけ、生産者と消費者の橋渡しをします。
認証 基準には、自然保護、耕作方法、地域社会の3部門から構成される厳しい基準があります。農園とその周辺の生態系保護、化学肥料・農薬の規制や廃棄物・有害物質の管理や処理。水質汚染管理や農業従事者の待遇や生活向上を多岐にわたって行っています。
カエルとは カエルは環境の変化に大変敏感で、環境が悪化した際に最初に姿を消す動物です。 カエルの変わらぬ生息は環境保護のバロメーターです。
認証されている農作物は、コーヒーをはじめバナナ、オレンジ、カカオ、生花や木材が対象作物です、特にコーヒーとカカオは最も環境にやさしい農作物と言われています。
社会への貢献

社会への貢献

海守

海守 全社員「海守」に加盟し積極的なボランティア活動を行っております。
将来は、関東地区における海守を通じたキャプテンとなり世界共通の方法で行われている海岸清掃(クリーンアップキャンペーン)を行う予定です。
また各地で参加者の募集や集めたゴミの処理依頼等、企画運営するリーダー的存在になることを目指します。 キャプテンは、ゴミの種類や数をJEANに報告します。JEANは、各地から集まったデータを集計しレポートをまとめ情報発信しています。
海守とJEANが協働し現在もキャプテン養成に取り取り組んでいます。
海守とは日本財団と、(財)海上保安協会、海上保安庁と協力し、沿岸域の安全確保の役目を負う、沿岸監視・海洋環境保全活動等を行う全国的なボランティア活動組織として2002年2月に設立しました。国民ひとりひとりの目で海を見守り、情報の提供を行うことにより、海上保安庁の迅速な行動と、事案への的確な対応に協力するほか、海洋環境の保全活動など広く海についての関心の高揚を図るとともに、人々が安心して海に親しめる環境づくりを目指しています。